ブログ

資産運用は余裕資金で始めよう!まずはお金の整理から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。

2017年の夏は雨が多かったですが、皆様いかがお過ごしですか?

今年の夏、S・プランニングは様々なセミナーを開催しました。

  • 確定拠出個人年金「iDeCo」について
  • 脱・貯金。働く女性が本当に知りたいお金について
  • いむらきよし流個性心理學の基礎講座や、運気をつかむ手帳講座
  • あんどりゅー先生の日常英会話

などなど。

S・プランニングとして、皆様に学びの場を提供できること、とてもうれしく思っております。

さて、突然ですが、あなたは今、「お金」についてどのような不安や問題を抱えていますか?

時代とともにライフスタイルが変化し、「ただ貯金するだけでいいの?」「保険に加入しているせいでお金が減っている気がする」など、自分の資産を守るのではなく、増やしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、資産運用というと、「株」や「投資信託」など、あまり馴染みがなかったり、「怖い」と思う方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「怖い」「損するかも」と、不安に思うあなたに、もっと「お金」を身近に感じていただければと思い、FP(ファイナンシャルプランナー)である私が、いつもセミナーでお話していることを紹介します。

お金を整理しましょう

今もらっている給料、報酬を大きく3つに分類すると、以下のようになります。

  1. 日常、生活費として使うもの
  2. 使途が決まっているもの
  3. しばらく手をつけないもの

大きく3つに分けることにより、自分がなににどれくらいのお金を使っているかわかります。

日常、生活費として使うもの

食費、家賃、光熱費など、毎日、毎月必ず使うもの。

これは流動性のあるものですから、常に動かせるように、普通預金にいれておくのがおすすめです。

使途が決まっているもの

  • 2年後車を買い替えたい
  • 海外旅行に行く予定

など、使い道がきまっているものです。目的が決まっているので減らすわけにはいきません。

このお金は、「定期預金」や、時期にあわせて満期がくるような「積立預金」などで準備するのが良いです。

しばらく手をつけないお金

しばらく手をつけないお金や、現在の生活の中での余裕資金ですね。

このお金に働いてもらうのが、いわゆる「資産運用」です。意外に知られていませんが、3,000円程度のお金があれば資産運用ができます。

お金に働いてもらうには、金利と時間が必要なので、少しの金額でコツコツ続けていくのが一般的です。

(大きい金額がある場合には、さらにおすすめの運用方法がありますよ!)

まとめ

では、今日はここまで。

次回は、金利と時間のお話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA