ブログ

「保険」とは何でしょうか?わかりやすくお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めまして。齊藤晴美と申します。

保険や各種セミナーを担当しています。これからよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は、保険についてわかりやすくお話しさせていただきます。

 

将来や老後について、漠然とした不安を抱えていませんか?

一緒にその不安を解消していきましょう。

 

そもそも保険とは?

 

まず、「保険」とは何でしょう?

生命保険や医療保険、介護保険に年金保険、保険にはたくさんの種類があります。

 

保険とは何か?を簡単に言うと、ズバリ、「不意の事故に備える安心」です。

 

交通事故や病気など、人生には危険が数多く存在します。そして、それは急にやってきます。

この急な危険から、あなたやあなたの家族を守ってくれるのが保険なのです。

 

保険に入っていなければどうなるか?

 

「自分は健康だし、病気になんてならないよ」そう思ったことはありませんか?

下記のデータをご覧ください。

 

  • 建物火災→16分に1件
  • 交通死亡で事故する人→2時間に1人
  • 新たに入院する人→2.2秒に1人
  • 病気で死亡する人→25秒に1人

 

いかがでしょうか?世の中には、こんなにも多くの危険が潜んでいるのです。

何らかの病・事故で入院する人に至っては、2.2秒に1人の確率です。

 

もし、あなたがこの中の1人になってしまった時、保険に入っていなければ、全額を負担することになります。

入院費用の平均は1日1万円とも言われているので、1ヶ月入院することになれば30万円ほどかかります。

病気によっては何百万円もかかることもあるので、そのリスクは計り知れません。

 

このような急な出費にも耐えれるほど金銭的に余裕があれば、保険に入る必要は全くありません。

しかし、私も含めて、何百万円もの出費に困る人が多いのも事実です。

いざという時のために必要な安心、その重要性をお分かりいただけましたか?

 

保険に入ることで手に入る安心

 

先ほどの急な入院を例に説明します。

入院した時に支払われる保険は医療保険と呼ばれ、様々な種類がありますが、

例えば、1日1万円支払われる医療保険に加入した場合、5日入院すると、5万円が支払われます。

さらに、手術をすると上乗せになるものもあります。

 

hoken-biginner-1

 

年齢や性別によっても保険料は異なりますが、仮にあなたが30歳の男性なら、毎月4千円〜5千円の保険料でこれだけの保障が約束されるのです。

 

保険は損をする、得をするということではない

 

これまでの保険のお話を聞いて、

「ずっと病気にならなければ、事故に遭わなければ、保険料がムダになってしまうのではないか?」

このように思った方はいませんか?

実は、少なからず、「損をする」と思って保険に入らない方もいます。

 

しかし、保険とは、損得では語れないものであるということも事実です。

なぜなら、保険が必要になる時は急にやってくるものだからです。

明日病気になるかもしれないし、来年事故に遭うかもしれないし、それがいつかは誰にもわかりません。

損をすると思って保険に入らない方が、明日事故で入院し手術をすることになれば…

その被害は甚大です。あなたの家族にも、精神的・金銭的な負担がかかる可能性があります。

 

その時に、保険に入っていれば、経済的なダメージを回避することができるのです。

 

まずは保険について一緒に考えてみませんか?

 

様々な保険があり、あなただけの保険プランを考える必要があります。

でも、その前に、「あなたが保険に入ることで手に入る安心とは何か?」を一緒に考えてみませんか?

あなたが想像しているよりも、安い保険がありますし、高い保険料で大きな安心が手に入る保険もあります。

 

「面倒だから親に任せている」「わからないから保険に入っていない」

そんな方も多くいるかと思います。ですので、まずは、「保険は身近な存在なんだ」と知って欲しいのです。

 

「保険についてよくわからないから話を聞かせてください」

このようなお問い合わせも大歓迎です。お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA